ろば君と川下りがしたい。



ロバ君に乗ってハイデルからべリア村まで移動

前回の記事で作ったいかだで、ろば君と川下りがしたい!

というわけで、まずはハイデルの厩舎にいたろばくんを、イカダが待っているべリア村まで連れてきました。

 

ろば君のいいところは、やっぱり足が遅いところですよね。

あのカッポッカッポという独特のリズム感が癖になります。

 

ろばくんをイカダにのせて出発

非常に苦労してろば君をイカダにのっけて、さあ出発!

 

べリア村近海のマップ

今回予定のルートとしては、べリア村の浜辺から西に向かってイカダを漕ぎ進め、

海と川が合流しているっぽい場所から川に入っていくというものです。

 

イカダの外側に勝手に移動するろば君

しばらく移動をしているうちに、なんだか嫌な違和感が。

もしやと思い真上から見てみたら、やはり。

何故かろば君の位置が勝手に少しずつイカダの外側に移動しています。

 

ロバ君がいかだから落ちた

あ、落ちた!!

 

指笛でろばくんを救出

あわてて陸にイカダを寄せて指笛?でろばくんを呼んでみたら、

何事もなかったかのように復活していました。

ろば君が水中にいる間も、画面左上に表示されているろばくんのHPやらスタミナに異常は見られず、

正直どういう状態だったのかよくわかりません。

 

そもそもロバというのは水に落ちても平気なものなのか、

それとも見かけ上水中にいるように見えただけで、

実際はイカダに乗っているという扱いになっていたのか・・・?

まあ今回は大丈夫だったので、とりあえずはそれでよしとしましょう。

 

ロバ君をいかだにのせる時の位置

気を取り直して再出発したものの、またろば君が海中に落っこちたので、

再度浜辺で乗せなおしになりました。

ろばくんをイカダに乗っける時は、おじいさんがロバ君に乗ったままイカダに乗って、

その後おじいさんがろば君から降りるという手順でやっていたのですが、

おじいさんが降りたタイミングでろばくんの位置が結構ずれるので、かなり乗せにくかったです。

上の画像のような位置でろばくんから降りると、比較的成功しやすかったのですが。。

 

今思うと、ロバ君を遠くにパーキングしておいて、いかだの上から指笛で呼んだりしてみても

よかったのかもしれません。気が向いたら今度やってみたいと思います。

気が向くかは不明。。

 

ロバ君をイカダにのせて目的地まで移動

3度目の正直で、こんどは比較的順調に目的地まで近づいてきました。

しかし、遠くに見えてきたものは・・・?

 

海と川の境にある滝

うおお、やはり滝でした。

そうです、川と海の接続部分は滝になっていたのです。

これではイカダで川に入り込むことなど不可能。

仕方ないので、マップ北西にある波止場みたいなところまで行って、

今回の川下り(川上り?)未遂ツアーは終了にすることにしました。

 

ロバ君がまた落ちた

あ、また落ちた!!!

 

海中でイカダを追尾するろば君

海中に落ちたロバ君は特におぼれたりする様子もなく、

イカダの上に乗っていた時と同じ後ろ向きの姿勢のまま、

おじいさんのイカダの下をずっとついてきています。

HPやスタミナにも異常は見られず。

非常にシュールな光景です。

 

イカダが波止場に到着

ひとけのない波止場に、無事到着~。

ろばくんは、陸に上がってから指笛で呼んで無事救出完了。

いかだは、もうべリア村まで漕いで戻る気力が残っていなかったので、

べリア村の船着場から1,000シルバーくらいで遠隔回収して終了しました。

 

ろば君をもっと簡単に安全に乗っけられる方法がわかれば、

ろば君と一緒にいかだで旅をするのも楽しそうですけどね。

あまり何度も水に落っこちるとろば君がかわいそうなので、

次回イカダに乗るときはおじいさん一人にしようかなと思っています。