ゲームが「遊びやすくなる」ことの是非について



黒い砂漠を始めて2年ちょっと経ったわけですが、

その間黒い砂漠には変わっていないところもたくさんあり、

変化したこともたくさんありました。

 

総じて、今は2年前よりも「遊びやすくなった」という印象を受けています。

ゲームにINするたびに毎日メールでシルバーが届くようになりましたし、

馬も高世代が産まれやすくなるなどでロバ市場は馬市場になり、

チュートリアルもだいぶ親切というか誘導的になりました。

 

そのことに客観的な「良い」「悪い」はありません。

どういうシステムを好むかというのは、すべて好みの問題なので。

 

ただ、もし自分が黒い砂漠を始めたタイミングが2年前ではなく「今」だとしたら、

果たしてこれまでのおじいさんの歴史は存在していたのかというと、

そうではなくたぶん大分違ったものになっていたかもしれません。

 

家名声褒章が無かった時代に雑草採集に励んでいたおじいさん

おじいさんが黒い砂漠を始めた頃はとにかく全然シルバーがなくて、

そのへんで引っこ抜いた雑草をダメもとで取引所に出品したらそれが500シルバーで売れて

本当にうれしかった覚えがあります。

そして黒砂糖の塊を作ろうとしたら間違って加熱ではなく料理をしてしまい、

材料費の2,000シルバーが全部パーになって、おじいさんにとっては2,000シルバーとは

大金でしたから、その失敗は相当なトラウマになりました。全て今では良い思い出です。

こうした一喜一憂は全て、過酷な貧乏初心者時代を余儀なくされていたからこそ、

経験できた楽しさでした。

 

5世代黒馬

また、おじいさんが黒い砂漠を始めた頃は、高世代の馬の入手は今よりも困難で、

馬市場をのぞいてもほとんどがロバばかり

苦労して初めての野生馬を捕獲した時の充実感は、半端ないものがありました。

 

それがきっかけで馬の育成に関心を持ち、弱小馬主としての道を歩むことになったわけですが、

もし黒い砂漠を始めたのが今だったら、金策して馬市場で8世代やらを引き取るなり、

ログボでもらえるシャカトゥの印章を貯めて8世代馬飼育権を獲得するなりして、

馬についてはもうそれでおしまいだった可能性も。

 

なんでも簡単に手に入るというのは充実感を得られるのも早いですが、

その分飽きも早いですし、なかなか手に入りづらいからこそずっと追いかけられる、

手に入れた時の喜びも大きい、という側面はあるかと思います。

 

チュートリアル

そして、おじいさんが黒い砂漠を始めた頃のチュートリアルは今よりももっと

「勝手にどうぞ」的な側面が強く、その「広い世界にいきなり放り出された」感が大好きでした。

ミスティックのキャラを作った際に久々にチュートリアルをして思ったのが、

チュートリアルが以前よりもだいぶわかりやすく親切になっている反面、

ある程度「やるべきこと」をゲーム側に誘導されているような印象がある、ということです。

 

たしかに以前のチュートリアルだと、「何したらいいかわからない。

もうやめようっと。」となってしまった人が、今より多かったかもしれません。

ただ、今のチュートリアルは親切設計になった半面、

黒い砂漠の大きな特徴の一つだと思われる「圧倒的自由度」という個性は、

すこし薄まったような印象を受けました。

 

「何をすればよいかわかりやすい」「良いアイテムが手に入りやすい」

そういうことをしていけば、早い段階で充実感を得られますが、

飽きやすくなってしまうなどのリスクも生じます。

 

「昔よりも今の方がよくなった」と思う人ももちろんいるでしょうし、

別に自分も今の状態が嫌だから昔に戻してほしいとかは一切思っていないです。

最初の方にもちょこっと書きましたが全ては好みの問題なので、

「遊びやすくなること」に関する客観的な是非というものは存在しません。

 

課金アイテム「ピスト漁船」

ここまで色々書きましたが、そもそも自分が黒い砂漠にとって「残ってほしいユーザー」

「要望を参考にすべきユーザー」なのかというと、そうとも思えないのです。

自分は全くの無課金というわけでもありませんが、課金は何か月かに1回とかの頻度で

アバターやら馬グッズやらを少額買うくらいなので、ゲームにお金は落としていない方だと思います。

 

ゲーム運営は趣味でもボランティアでも無いですから、今後もゲームを維持していくのであれば

お金をたくさん落としてくれるユーザーがどのようなものを好むかを分析して、

それに合わせていかなくてはならないかもしれません。

 

黒い砂漠は自分の庭でも何でもないので、自分とは合わなくなったと感じたら

そのゲームを変えようとするのではなく、(そもそも自分にそんな権利があるとも思っていないですし、)

たぶん関心を持った他のゲームにいくだけだと思います。

 

ただ自分の頭の中で「昔とはちょっと変わったかも・・・?」とただ思っているだけでは、

誰にも何も伝わらないでしょうし、「どうしておじいさんは最近INが減っているんだろう・・・?」とか

万一思う方がいても(いないとは思いますが)申し訳ないですので、

自分は最近こういうことを感じていますというのを、このブログに書いておこうと考えました。

 

課金アイテム「スケルトン馬具」

とはいえ、なんだかんだで黒い砂漠のことは大好きですので、

これからもたぶん細々と続けるとは思います。

本当に欲しいと思う課金アイテムがあったら、もちろん課金もしていくつもり。

 

そして、実際は当記事の文章のように深刻(?)な心境になっているわけでもなく、

わりと現状に適応して今を楽しんでいます(笑)

また、本質的なゲームの内容自体は、そこまで大きく変わっていないと思っているので、

INしたらINしたでふつうに楽しんでいる感じです。

 

とりあえず、今回は以上となります。

異常なまでの長文となってしまい、果たして最後まで読んだ方がいるかは疑問ですが、

もしいらっしゃいましたら、ありがとうございました。



<関連記事>